YOGAと健康Ⅱ

スポーツジムなどでのYOGA教室が最近また流行っているようですが、

教室などでのYOGAは主に美容と健康を目的としたものであり、

yogad.jpg

YOGAで云うとハタヨガの部分です。

YOGAにはこのハタヨガとラジャヨガがあり、

併せたものが本来のYOGAといえます。


心と体は本来一体のものなので、

美と健康の為のみでなく、

心の為のラジャヨガが本来は重要です。

meditation.jpg


gyoga.jpg

スタジオなどの人が集まる空間では

意識が他人に向いてしまいます。

ラジャヨガは瞑想行法なので、

呼吸を意識しながら一人で

コツコツと行うものです。


そして大切なのは「感じる力」

を養うことです。

日常我々は周囲の物事に

反応するばかりで、

自分の「体や心の声」を

無視しがちで、

時にはこれを押し潰しています。

これが病気の基となります。

meditation4.jpg


その為の瞑想なのですが、難しく考えないで、まず

・楽な姿勢をとり体の力を抜く。ただし背は丸めず、中心軸は真っ直ぐに。

・無心になる…損得(勝ち負け)を一旦捨ててみる。
(自分を一度天に明け渡す…パクティ)

・呼吸に意識を向ける…長く吐いてゆっくり吸う
〔吐くときは丹田(へその下指三本分、膀胱の辺り)に意識を集中しながら、
            吸うときは眉間の奥(第三の目)辺りを意識する。〕

・段々と吐く時間吸う時間を長くしてゆく

・ひたすら呼吸だけを感じる

・内なる心の声を感じる(無ければそれでよし)

・自分の願いを心に描く(イメージ)

私はこんな感じで行っています。(参考;丹田呼吸法)



......自分を救えるのは自分だけ〈YOGAの基本〉.......

本来YOGAは宗教のように、

大勢が揃う集会や礼拝とかではなく、

個人個人が自らの生活の場で

日々行うものです。

21世紀は個人の時代とも云われ、

一人ひとりが個性を発揮して

活躍する時代に突入しています。

yogaw.jpg


そして個性を磨くには、出来事に一喜一憂しない(一々左右されない)

内面の充実が欠かせません。

yogar.jpg

正にYOGAは人が

本来有している輝きを

顕すための唯一の行法

といえるかと思います。


もし現状に不安を抱えていたり、

自分に自信がなく心身の悩みを

お持ちであるならば、

整体は一時的にせよ

ストレスから解放されるので、

yogab.jpg


有効ではありますし、最高の"癒し"でもあります。

ok_1.jpg

私はYOGAを整体に替わるものとして

始めました。整体はある意味贅沢な

体へのご褒美かもしれませんね!


そうして整体とYOGAを併せて行えば、なお一層効果的になります。

(参考文献:沖正弘先生のヨガの喜びより)


トップに戻る

img8834.gif