首痛や頚椎症について

頚椎症は、肩・首周辺の筋肉が疲労し、

首の痛みや強いコリを生じたものです。

頚椎とは首の骨のことで

7つの椎骨から成り立ちます。

pengin_1.jpg


ring.jpg

頚椎と頚椎との間には椎間板という

ゲル状の緩衝材があり、

またその後ろには

脊髄という脳と繋がる

太い神経が腰の方へと

伸びています。


そしてまた、頚椎と頚椎との間から

神経根という神経の枝が出ていて

腕や背中の方へと向かっています。

auto-G42Lni.jpg


Fotolia_76673615_XS.jpg



この痛みは、生活習慣や加齢などが原因で

頚椎が圧迫されて変形し、

脊髄や神経根を刺激して起こります。


この首痛の原因には二種類あり、

椎間板が変形し神経根を圧迫するのが

「椎間板ヘルニア」で、若年層に多く、

また「頚椎症」は頚椎の端の部分が

骨棘化し、神経根等を圧迫するので、

老化の一種とも云え、

骨の一部が変形して起こります。

sisei4_1.jpg


micale.jpg

痛みには神経根圧迫と脊髄圧迫とがあり、

神経根圧迫は首や肩甲骨周辺に

強い痛みや痺れが出るのに際し、

脊髄圧迫は痛みよりも、

両手足の痺れや手指の動きが悪くなり、

「箸で物が掴めなくなる」などの

運動障害が起きます。


これらの原因はマチマチですが、

いずれも首周辺の筋肉に硬直が

起きていることから、

首・肩・肩甲骨周辺を充分にほぐして、

緩めてゆくことが大事ですが、

Fotolia_56345298_XS.jpg


Fotolia_60086136_XS_1.jpg

無理なアジャストや牽引などは禁物で、

自家療法で捻って鳴らしたり、

叩いたりするのも余計に

悪化させる要因にもなりますので、

なるべく当院での処置にお任せください。


funny.jpg

トップに戻る

swfu/d/img6925.gif