適度な運動についてⅡ

新めて、人には何故運動が必要かということですが、、、、

筋肉は使うことによってその性能が増し、筋肉量が増えるのですが、

逆に使わないと筋肉の質が低下するので、関節などの可動域が狭まります。

また、ふくらはぎは第二の心臓とも云われ、

血行の促進と新陳代謝を行っています。

しかし、現代人の殆どが、このふくらはぎにむくみ

(老廃物)が起き易い体質になってきています。

storech5.jpg



また、次にセロトニンとの関係からみてみますと、

適度な運動がセロトニンの生成~放出につながり、

生体維持にはとても重要です。(セロトニン神経

girl sun


brain4.jpg

脳が快感を覚えるのが、30分程度の運動で、

それを過ぎると脳内にも乳酸という

老廃物が出きて、セロトニンの放出を抑えます。


すると、脳内では快から不快へと徐々に変化し、

無理に続けていると、

運動自体が辛くなってきます。

(個人差はあります)

auto-YCfOIQ.jpg



なので、ここでは30分程度の軽めの運動

例えば、集中したウォーキング、

軽いジョギング、YOGA、

ストレッチなどがお勧めで、

running.jpg



ご自分でこれらを組み合わせても宜しいかと思います。

dog & boy

ただ重要なのは運動は一時的にすることには意味がなく

継続的に生活の中に組み入れてゆくことが、

とても大事になります。また、怪我の予防、

柔軟性の確保からも整体と組み合せても良いので、

一生お付き合いする皆様の大事なお体のためにも、

この機会に整体と共に健康つくりを考えてみてください。



ご参考:YOGAと健康Ⅰ

トップに戻る

img8981.gif