腰痛対策

腰痛が起きるときの状況としては、座り放しが長く

続いたり、重い物を持ったり運んだり、また激しい運動を

したりして、腰部に疲労が溜まっている状態です。

youtuul_2.jpg


back.jpg

そこで我々は腰を伸ばしたり、回旋したり

いろいろと動かしたりしますが、

それだけではなかなか疲れは取れない

ばかりか、無理にストレッチをしたり

叩いてみたりすると逆に筋肉を傷めて

しまうことさえあります。


腰椎には全体重の6割もの力が掛かっており、

この大事な腰椎を支えているのは、

腹筋、背筋やお尻の筋肉群です。

腰痛を予防するにはこれらの筋肉を

効率良く鍛える必要があります。

そして継続することが大事なので、

定期的な運動を日常生活の中に

取り入れてゆく必要があります。

tyu.jpg




walklady.jpg

腰痛を起こし易い方は、特に

脚の筋肉を強化する必要があります。

誰でもできるのが、ウォーキングで

30分から1時間位を週何回と決めて、

始めてみてはいかがでしょうか!


距離にして4kmくらいで

5千歩が望ましいですが、

続けることが重要なので、

忙しいときや冬場は、無理せずに

20分位でも良いと思います。

legs.jpg


(ちなみに私は週1で5km~ランニングをしています。)


running2.jpg

早く歩く必要はありませんが、

心拍数をほんの少し上げて

うっすらと汗かく程度でないと、

運動にはなりません。


初めに決めた距離やコースを

ただ無心になって歩くと、

爽快感がありますし、

足腰の強化につながり、

良い腰痛対策になります。

walking.jpg



参考文献;石田肇日本医科大学名誉教授著「腰痛の方へ」

トップに戻る

img1352.gif