整体と接骨などの違い

最初に体に痛みが出た際に、何処の機関に受診すればいいのか?様々な機関がある故に悩むところだと思います。


なのでここでは症状別に療法から見てみましょう。


なお、人の身体は千差万別なので、何処の機関が良いのかは、その人それぞれのお体の状態で判断されることであり、


またその人の考え方、感じ方にもよるところかと思います。
その人が良いと思えば、"良い"のだと思います。

auto-Q1KKu2_2.jpg



images.jpg




Fotolia_117916225_XS.jpg


Fotolia_39253739_XS_1.jpg

まず、整骨(接骨)院は医療機関で、いわゆる骨接ぎで、スポーツ、交通事故や仕事などによる怪我(捻挫、筋挫傷、骨折など)の治療が主で、文字通り骨の状態を診て治療する病院です。ですから、その場合は保険適応になりますが、肩こりなどの慢性的な疾患には、保険外の対応になるようです。

整形外科も医療機関であり、五十肩、腱鞘炎、椎間板ヘルニアなどを治療する病院ですが、主に温熱、牽引、さらには注射等の処置をしてくれます。急な痛みにはレントゲンで骨の異常を診てくれます。歩くと痛みが出る狭窄症はこちらになるでしょうか。

次にカイロですが、西洋医学でいうカイロプラティックという分野で、骨格のずれなどの矯正や関節のアジャストが主で、段差ベッドやいわゆるボキボキと首や腰を捻って鳴らしながら骨格を整えるようです。整体というとこのカイロ系が多いようです。

タイ古式は伝統的なタイの寺院で行われている療法でSENというエネルギーラインを整えながら、関節や筋肉を伸展・屈曲させて整える療法です。2時間位の施術が普通でrelax効果があります。


最後に当院ですが、増永静人先生による東洋医学を基にした手技療法の整体で、スジとツボをとり組織内の滞りを解消して全身の流れを良くする療法になります。

なので当院では病気の手前の状態、お疲れが溜まった状態での疲労の回復が主な目的になります。


ですからいわゆる"ぎっくり腰"などの急な痛みには対応致しかねますが、その予防や骨盤、骨格のズレなどの解消、慢性的な肩こり、腰痛、坐骨神経痛、首こりなどの状態には対応致しますので、このような場合は当院にご相談ください。


*さらに
トップに戻る

img1352.gif