健康と食品についてⅡ

YOGAなどで「食養」という言葉がありますが、

食べ物は美味しく、有り難く頂くことが、

健康につながります。ただお腹が空いたので、とか

手持ち無沙汰だから、とかでは

食べ物に対して失礼ですよね!

onions.jpg


foods_1.jpg

Ⅰでは酸性食品をとりあげましたが、

ここでは「食養」という面で

お勧めしたい食品を並べて見ます。


・大豆…食物性たんぱく質を多く含む。
    豆腐はカルシウムも多く、消化吸収も良い。
    また納豆はビタミンKを含み、骨を強くする。

・漬物…信州といえば漬物ですが、ピンピンコロリの代名詞がこの漬物。
    生よりも栄養価は高い。

・玄米…全ての栄養素を含む完全食品。
    ただマグネシウムを多く含むので食べ過ぎると酸性体質に。
    なのでごま塩を掛けると良いです。

・生野菜…野菜サラダ、海藻サラダ。ビタミン、ミネラル、水分を
     無駄なく摂れる。繊維質が多く便秘になりにくい。

・するめ、干物類…日光の作用でビタミン、ミネラルや特に
     たんぱく質(アミノ酸スコア)が高い。

・ブロッコリー…野菜の王様で蒸して食べるとベスト。栄養満点です。

・鳥のささみ…肉類ならこれ。脂肪が少なくアミノ酸スコアが高いので、
    ブロッコリーと組み合わせればなおよしです。

・青魚…さんま、いわしなどの青魚はビタミンDを含み骨を丈夫にします。
    骨まで食べればカルシウムも取れます。

 その他、体に良い食品があれば、随時取り上げてゆきたいと思います。(^^)/
  (YOGAの沖正弘先生の文献を参考にしております)

dessert.jpg



トップに戻る


s_img2557.gif