ヘルニアと狭窄症

腰部は重要な場所で、脊柱管(背骨のすき間)を

脊髄が通り、内臓や筋肉に向けて神経が伸びています。

そして背骨は蛇腹構造で、腰部に疲労が溜まると、

単なる腰痛以外にも様々な症状が起きることがあります。

youtuus.jpg


骨盤がズレるとそれに合せて背骨がS字湾曲となり、

更に背骨を支える靱帯(じんたい)が硬くなると、

背骨と背骨(腰椎と腰椎)の間の椎間関節が変形し、

auto-4yZHaY.jpg


椎間板

椎間関節の歪みが大きくなると

椎間板が押し出されて、脊髄から

伸びている神経根や馬尾を圧迫します。

これが腰椎椎間板ヘルニアです。


また加齢や体質などから椎間板や椎骨が圧迫されて

傷み、椎体をつなぐ靱帯(起立筋)が硬くなって、

脊髄の通り道である脊柱管が結果的に狭くなり、

神経を圧迫するのが脊柱管狭窄症です。

auto-zRa7kB.jpg


babi3.jpg

どちらも馬尾(ばび)神経という腰部から出た

神経を圧迫すると、下肢に痺れが出て、

酷いときには歩くのが困難になります。

これがいわゆる一般的な坐骨神経痛です。


特に狭窄症は間欠跛行(かんけつはこう)といって、

休みながらでないと歩けない状態になったりします。


   どちらも痛みが出る頃には、

  神経が長い期間圧迫され損傷しているので、

  症状が出てから手術を受けても、

  必ずしも良くなるとは限らないようです。

youttuuj.jpg


tyu_2.jpg

なので、慢性的に腰痛が出る方は、

痛みを我慢せずに、早めは早めの処置が大切で、

脊柱管を形成している靱帯(脊柱起立筋群)を

常に柔軟にしておくことが、とても重要です。


当院では、この脊髄神経が通っている部位を

重要視した施術を行っており、

骨盤矯正も行っていますので、

慢性的に腰痛が出る方はなるべく、

Fotolia_86256969_XS.jpg


toy.jpg

痛みを我慢せずに、定期的に整体を受けて頂いて、

背骨の湾曲や歪みを正して、常に柔軟性のある

健康的な体作りを目指して頂ければと思います。




ok.jpg

おまかせください!(^\^)/

トップに戻る

img1352.gif